足脱毛 失敗談

足・脚脱毛の失敗談

足脱毛について

女性にとっては一年中が人目につくシーズンなので、足のムダ毛がボーボーのままなんてあり得ないですよね。

剛毛の私は特に、他の方の足を見るとみんなツルツルできれいなスネをしているので、どんなお手入れをしているのだろうと気になっていました。

 

そんな私はミュゼプラチナムで足脱毛を成功させましたが、残念ながら失敗されている方もいるみたいですね。
足脱毛にはどんな失敗例があるのでしょうか。

 

 

埋もれ毛が増える

 

特に乾燥肌の場合、脱毛後の毛穴が角質などで塞がれて毛の行き場がなくなることが原因で、角質の下に毛が埋もれてしまう状態になることがあります。
光脱毛だと1週間以上は毛が毛穴にない状態なので処理後しばらくはわかりにくいのですが、毛が生えてきた時に埋もれ毛が増えた感じがするようです。
時間が経つと自然と埋まった毛が出てくると言われていますが、中には黒くブツブツとした埋もれ毛のまま治らないという方もけっこういるみたいですよ。

 

 

日焼けで脱毛を中断してしまう

 

夏に足脱毛で特にヒザ下をされた方ですと、うっかり日焼けをしてしまうということがあります。
これは私も何回かありました。うっかり日焼けをしてしまい、脱毛予約日に「今日は日焼けをされているので施術できません」の一言(笑)

 

日焼けをしている状態では肌がヤケド状態になってしまう可能性があることから、脱毛処理を行うことができないのです。
もし日焼けをしてしまったらスケジュールがだいぶ先送りになってしまいます。

 

途中で脱毛が中断されると効果が半減してしまいますので、せっかく減ってきたムダ毛がまた生えてきてしまうといったこともあり得ます。
ヒザ上だけとか、ヒザ下だけとか、部分脱毛のプランであれば追加契約の必要性が出てきた場合に、金銭的にもロスが出ます。

 

日焼けのせいで時間とお金を無駄にしてしまうなんて失敗例もあるものなんですね。

 

 

プラン選びに失敗する

 

足全体がセットになったコースを選んでも、薄い産毛が多くて効果が出にくいヒザやヒザ上は、部分的に回数を追加しなければならないこともあります。
ですから、『思っていたよりもお金と時間をたくさん費やしてしまった・・・。』と後悔する方も多いみたいですね。

 

あと、足脱毛のプランというのは、通常「ヒザ下・ヒザ・ヒザ上」に分かれていますから、追加契約をしたくないという方は、最初から部分ごとに契約する方法もあります。

 

ただし、部分契約の場合でも、どれくらいのムダ毛状態で満足できるか、また効果にも個人差があるので、タイミングがあまりうまく合わなかった人では、契約した分の回数では満足できない場合があります。

 

このように、足脱毛に関しては、プラン選びや回数の失敗というのも珍しくないようです。
足全体を脱毛する時は部位によって回数が変わってくる可能性があるということを念頭におき、追加で施術を受けた場合に1回でどれくらいの料金なのかを確認しておくといいと思います。